ニーズ

  • 課題が発生したらすぐに情報化したい
  • 情報化した課題はメンバーで共有したい
  • メンバーで協力して早く課題解決したい

課 題

  • 情報をかんたんに入力できれば・・・
  • 全員で情報共有できる場所があれば・・・
  • 自由に意見や提案ができれば・・・

JTEKTのIoEが解決します!

スマートフォンで課題をかんたん入力

メンバー全員参加でスピード解決

全員参加で課題を解決する「現場コミュニケーションボード」

情報共有スピードアップ

オンライン上で共有が可能なため、
関係者に対して情報を素早く
展開することが可能になります。

解決リードタイムの短縮

情報共有のスピードのアップ並びに、資料化等の
時間を省けることで、対応立案や再発防止策の
検討に注力することが可能になります。

情報の一元管理

これまで様々なデータ形式で保持していた情報を
集約することが可能になります。

Features

特長

特長1

スマートフォンでかんたん登録

写真とコメントで簡単登録でき、分かりやすく伝える事ができます。

特長2

音声入力で手書きレス

音声入力にも対応しており、簡単にコメント入力する事ができます。

特長3

課題解決をスピードアップ

情報はタイムリーに共有され全員がリアルタイムにアクションを起こすことができます。 また、活動はJTEKT ShareBoard内で全て完了でき、紙の帳票による伝達ロスがありません。進捗も一目で全員が共有できます。

特長4

データのExcel出力が可能

「JTEKT ShareBoard」に登録された情報は、Excelに出力でき、様々なデータとして活用ができます。

Flow

使用の流れ

Step 1

課題が発生したら、その場でスマートフォンから、
情報をJTEKT ShareBoardへアップ。

Step 2

課題→改善活動の履歴→改善策の流れをオンライン上で一元管理が出来ます。
JTEKT ShareBoard上にコメントを自由に入力できるので、
メンバー間で提案・議論を行うことが出来ます。

Video

動画で見る JTEKT ShareBoard

PRESENTATION MOVIE

導入ケース(社内立ち合い)

導入ケース(会社資産の有効活用)

導入ケース(安全パトロール)

Application

活用方法

製造現場

  • ・ 社内立会時の指摘項目を一元管理し対策・再発防止
  • ・ 安全パトロール時に危険箇所を共有し対策・再発防止
  • ・ チーム内の困りごとを共有し対策
  • ・ 日常業務の変化点を情報共有(朝礼、昼礼、等)
  • ・ 現場の不用品を共有しリサイクル
  • ・ 廃却処理のデジタル化

営業現場

  • ・ 日々の営業活動での困りごとをチャット形式で情報共有
  • ・ 他社の情報を掲載し、関係部門含めて情報共有
  • ・ 客先要望等をキャッチアップ、技術部門へ展開し商品化
  • ・ 展示会情報(名刺、ニーズ等)を一元管理

医療現場

  • ・ 業務日報、看護日報を情報共有
  • ・ 顧客(患者)要望管理
  • ・ 巡回管理(問診、施設)
  • ・ デイケアサービス管理
  • ・ リハビリ管理(トレーニング情報共有)

教育現場

  • ・ 学童保育等での親と預かり先との情報共有
  • ・ 学習塾等での先生と生徒の情報共有
  • ・ 学校、学習塾等での先生同士の情報共有
  • ・ 授業、テスト、課題などの復習時のポイント集

Service Plan

提供プラン

プラン エリアコミプラン グループプラン スタートプラン おためしプラン
内容 ・利用人数~100人
・クラウド使用料
・利用人数~50人
・クラウド使用料
・利用人数~25人
・クラウド使用料
・利用人数~10人
・クラウド使用料
標準
システムアップ
含まれています
契約形態 リース
契約期間 5年以上

OP:一括購入(契約期間5年)


※「JTEKT ShareBoard」は当社登録商標です。

Use case

ユースケース

Products

製品

設備稼働と人作業を見える化

設備稼働をかんたん見える化

設備情報を収集・解析

改善データベースアプリ

作業遂行分析アプリ

高品質ビデオ通話がいつでもどこからでも

現場コミュニケーションボード

ランニングコストマネージメント

Contact us

お問い合わせ

IoEソリューションについてのお問い合わせ、
デモのご依頼は下記をご利用ください。

IoEソリューションの様々なご要望に応える「なんでも相談室」も開設しました!

以下のような課題解決に貢献します。
是非一度お問い合わせください。
  • 設備の稼働状況を見える化したい
  • 稼働率/生産効率を改善させたい
  • 課題を情報化・共有して早期に解決したい
  • メンバー・チームの能力を向上させたい